日別: 2015年10月3日

家庭連合公文に対するサンクチュアリ教会の回答

4/18家庭連合公文に対するサンクチュアリ教会の回答

4/18家庭連合公文に対する回答

世界平和統一聖殿(サンクチュアリ教会)は、真の父から後継者、相続人としての祝福を受けた文亨進こそ地上で真の父母の全ての権限を相続する者であると信ずる。

文亨進夫人である祝司長李妍雅(イ・ヨナ)と共に、文亨進師は4月21日に執り行われる聖婚祝福式「真のお父様の権威の下に戻るための聖婚祝福」において、彼が相続した重要な役割を果たすであろう。

本行事に続いて、全ての祝福中心家庭が真のお父様の権威の下に回帰することを可能にする、世界的祝福運動が行われるだろう。

真のお父様の正当性から逸脱した唯一最大の異端、世界平和統一家庭連合は今日、その対照的な立場を以下の文章で会員達に表明した。

それぞれの人が深く祈り神様と真の父の導きを受けられますよう。

【参考】世界平和統一家庭連合(米国)による公文

■ 回答以上

秀ブログさんより引用 ありがとうございます。

世界平和統一家庭連合(米国)による公文
Dear Brothers and Sisters,
親愛なる兄弟姉妹の皆さん
We are writing to you today with heavy hearts, but out of absolute necessity, to outline the official FFWPU position regarding the upcoming marriage ceremony due to be conducted by Hyung Jin Moon and Yeon Ah Moon at the Sanctuary Church of Newfoundland, Pennsylvania on Tuesday, April 21st.
今日、我々は絶対の必要性から重苦しい気持ちで、4月21日(火)にペンシルベニア州ニューファウンドランドのサンクチュアリ教会で文亨進文ヨナによって行われることになっている結婚式に関してのFFWPU世界平和家庭連合の公式見解について書き送ります。

原理は、実体的、霊的救済が真のご父母様がその生涯を通してモデル化し示したごとく、神に対する絶対信仰、絶対愛と絶対服従の条件の下もたらされるということを非常に明確にします。
その基盤の上に、真のご父母様は、神聖な祝福の伝統を始めることができました。
サンクチュアリ教会によって主催される4月21日の結婚式は祝福式としての体裁ではありますが、FFWPU世界平和家庭連合は、それがご父母様の祝福結婚式ではないことを明確にします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・etc.

広告

堂々巡りになるんですよね。

以下のサンクチュアリ教会を支持する人々の言説の誤り

の事で、ご意見をいただきました。

>>ああいえばこういうという感じのネバーエンディングストーリーになるだけで

そもそも噛み合わないかなと。

>>そうなんですよね。堂々巡りになるんですよね。

との、意見をいただきました。

家庭連合のこれらの論調の中心は

堂々巡りの水掛け論に持ち込もうとしているのです。

真実の前に勝ち目がないのでそうしているのです。

皆様、もう一度このことの始まりを見て下さい。

そうすればすべてが見えてきますよ。

サンクチュアリ教会を支持する人々の言説の誤り  2015.9.21、22の修正資料

真のお父様の聖和後、3年間は喪に服することを願われた真のお母様の指示に反し、
2015年1月18日、元世界会長がYouTubeで「沈黙を破ってJを公開。

その後、本部幹部たちへの批判と真のお母様への批判を開始・・・・・・・・・・・・・・・・・。

亨進様  解任令 宣布文「天一国の万王の王であられるメシヤにより相続者として冊封(さ<ほう)され、私、文亨進はここに宣布する。万王の王、メシヤ、真の父母の中心の改訂・編集・削除する異端的な背反の行為に、直接または間接的に同参した理由により、次の者に天一国のすべての公的職分からの解任を命ずる。 …… すべての国家教会指導者たちは……天一国民たちにどんな権威もないことを命じる。……真の父母様の相続者が承認しない新しい教典とすべての異端的宣布文、伝統…はすべて無効……。」(2015.2.8)

「あなたを神聖冒涜しながら、永遠な伝統と八大教材教本、天一国家、天聖経、あなたのすべてのものを削除、削除、削除しながら、自分たちを正当化しながら、今は全世界が、その一人のオモニにより、韓氏オモニの堕落で滅亡している事を見ています。その韓氏オモニの責任失敗に従って今からは世界が審判を受ける事を知っています」(2015.7.14)

アボジが私のオモニを地獄に送る事を願わないから私がこう言うのです。……このようにアボニムに背反すれば地獄へ行きます。……言わなければ、皆さん、オモニは永生が失われます。わかりましたか?」(2015.4.7)

亨進様「私たちは、病院で大きな戦いをしながら、お父様を安楽死させようとしたとき、

うされたら殺人者になります。50年して来られたすべての内容を、歴史はオモニムを殺人者として見ます。その時から政治屋たちが、ああ、今からオモ二ム側に、オモニムを利用しながら、真の父母様の後継者、代身者、相続者、そして、力インとアべルがーつになった、アボニム・メシヤ血統の力インとアべル、任命された力インとアべルを追い出すことができるだろうと、機会を見たのです。」