家庭連合公文に対するサンクチュアリ教会の回答

4/18家庭連合公文に対するサンクチュアリ教会の回答

4/18家庭連合公文に対する回答

世界平和統一聖殿(サンクチュアリ教会)は、真の父から後継者、相続人としての祝福を受けた文亨進こそ地上で真の父母の全ての権限を相続する者であると信ずる。

文亨進夫人である祝司長李妍雅(イ・ヨナ)と共に、文亨進師は4月21日に執り行われる聖婚祝福式「真のお父様の権威の下に戻るための聖婚祝福」において、彼が相続した重要な役割を果たすであろう。

本行事に続いて、全ての祝福中心家庭が真のお父様の権威の下に回帰することを可能にする、世界的祝福運動が行われるだろう。

真のお父様の正当性から逸脱した唯一最大の異端、世界平和統一家庭連合は今日、その対照的な立場を以下の文章で会員達に表明した。

それぞれの人が深く祈り神様と真の父の導きを受けられますよう。

【参考】世界平和統一家庭連合(米国)による公文

■ 回答以上

秀ブログさんより引用 ありがとうございます。

世界平和統一家庭連合(米国)による公文
Dear Brothers and Sisters,
親愛なる兄弟姉妹の皆さん
We are writing to you today with heavy hearts, but out of absolute necessity, to outline the official FFWPU position regarding the upcoming marriage ceremony due to be conducted by Hyung Jin Moon and Yeon Ah Moon at the Sanctuary Church of Newfoundland, Pennsylvania on Tuesday, April 21st.
今日、我々は絶対の必要性から重苦しい気持ちで、4月21日(火)にペンシルベニア州ニューファウンドランドのサンクチュアリ教会で文亨進文ヨナによって行われることになっている結婚式に関してのFFWPU世界平和家庭連合の公式見解について書き送ります。

原理は、実体的、霊的救済が真のご父母様がその生涯を通してモデル化し示したごとく、神に対する絶対信仰、絶対愛と絶対服従の条件の下もたらされるということを非常に明確にします。
その基盤の上に、真のご父母様は、神聖な祝福の伝統を始めることができました。
サンクチュアリ教会によって主催される4月21日の結婚式は祝福式としての体裁ではありますが、FFWPU世界平和家庭連合は、それがご父母様の祝福結婚式ではないことを明確にします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・etc.

広告