10月4日 英語説教 The Thousand Year Kingdom of Christ  キリストの千年王国 

ヨハネの黙示録20章1節から4節

わたしはまた、
一人の天使が、

底なしの淵の鍵と大きな鎖とを手にして、

天から降って来るのを見た。

この天使は、悪魔でもサタンでもある、

年を経たあの蛇、

つまり竜を取り押さえ、

千年の間縛っておき、

底なしの淵に投げ入れ、

鍵をかけ、その上に封印を施して、

千年が終わるまで、もうそれ以上、

諸国の民を惑わさないようにした。

その後で、竜はしばらくの間、

解放されるはずである。
わたしはまた、多くの座を見た。

その上には座っている者たちがおり、

彼らには裁くことが許されていた。

わたしはまた、

イエスの証しと神の言葉のために、

首をはねられた者たちの魂を見た。

この者たちは、あの獣もその像も拝まず、

額や手に獣の刻印を受けなかった。

彼らは生き返って、

キリストと共に千年の間統治した。

以上はキリストの

千年王国として知られている部分です。

また

お父様のみ言を見てみましょう。

天聖経1553

多くの人々、

世界の5人種によって築かれた

文化的な境界を越えて、

それらを一つの文明にする

必要があります。

つまり、

神主義に基づく

家庭、社会、国家、

その他によって統治される

理想世界を打ち立てる必要があります。

この過程は

完成したアダム中心の

イデオロギーと呼ぶこともできます。

共産主義でも民主主義でもない

アダム主義です。

これこそ神主義に導く道です。

このみ言は

王国が

どのようなものでなければならないかを

指し示す意味で

重要なみ言です。

お父様ははっきりと

神主義に基づかなければならない

とおっしゃっています。

これまでの社会制度、

国家組織をみれば

共産主義であれ社会主義であれ

世俗的哲学に基づくものであり

その多くは神様を非難し

「宗教はアヘンだ」とするものでした。

それらは神主義とはほど遠いものです。

お父様は

「民主主義でもない」とおっしゃっています。

アメリカ合衆国は

本来、

民主主義を予定した国ではありませんでした。

民主主義は歴史を通して

最も脆弱な政治体制でした。

その多くは「共和制」から「独裁制」の

過渡期に現われました。

アメリカの建国の父達は

ギリシャの歴史、また共和制ローマが

どのようにシーザーの

独裁制に堕ちていったかを知っていました。

ローマは共和制として出発し、

堕落して民主主義となり

そして最終的に独裁制に導かれました。

このように民主主義は決まって

独裁制に流れていきました。

若い世代の人々は

アメリカは民主主義の国であり、

民主主義こそ

アメリカだと教えられて来ていますが

実はそうではないのです。

建国の父は

アメリカを

民主主義国家として

出帆したのではありませんでした。

有名な逸話ですが、

独立宣言の起草委員であった

ベンジャミン・フランクリンは

ある女性の

「どのような国を作るのですか」の問いに

「共和制の国です。

それを維持できればの話ですが」と

答えたそうです。

現状を見ればアメリカは

当初の共和制から

民主主義に堕落しています。

多数派が少数派の権利を奪う

衆愚政治(自覚のない無知な民衆による政治)です。

例えば同性婚が国の習わしだと

多数派がひとたび決定するとします。

すると

「それはわれわれの宗教信条に反する」と言う

キリスト教徒など少数派を 

攻撃、迫害するのです。

このようにアメリカは

共和制から民主主義に

堕落したと言えるのです。

非常に危ない話です。

これと同様な霊的戦いが起こりました。

お父様が

私たちに王冠を被らせ

世界教会の相続者、後継者に指名されました。

しかし

韓オモニと

思想的に違いがあったのです。

韓オモニが前面に立とうとしたとき

私たちはそれを止めるように哀願しました。

しかし

女王の姿で世界の前に現われました。

お父様が

病院に入院されておられる時に

もうすでに

経典の改変を計画していました。

私の実の母であり愛していますが、

責任分担の観点に於いては

失敗です。

完全な失敗です。

女帝として、

最高権力者として

世界の前に登壇するようなことは

思い止まって下さいと願いました。

その後三年間に

様ざまな形で外に現われ出るようになり

皆さんも知ることとなりました。

この三年間、

皆さんも聞いたことがないようなことが

数多くありました。

私たちが直面しなければならなかった

戦いでした。

その後、

お父様の

玉座に着くようになりました。

考えて見てください。

ごく普通の

韓国の一般的社会において

尊敬する夫が他界すれば

その椅子を尊重するでしょう。

お父様は

理想自由社会は

主体性の神学に基づくとおっしゃいました。

王権が重要だと

お父様は言われたのです。

聖書も王権を重視しています。

主体の位置は

血統を通して相続されていくからです。

お母様が

主体的位置を保持できるでしょうか。

できないのです。

対象的位置にある者が

集まってあれこれした所で

混乱しか生まれません。

そこには主体が存在せず

その結果中心も存在しないからです。

それは夫の役割です。

夫は家の中心となるべきであり、

キリストから家の中心となるべき

命を受けています。

キリストが教会を愛するように

夫は家族を愛するべきなのです。

それは夫の責任です。

そして(その主体は)血統を通して

世代をこえて相続されていくのです。

もし主体が

血統を通して

相続されるというシナリオを失うならば

夫を冒涜するという

現在の事態を招くことになります。

夫を敬うこともなく、

夫の価値を損ない、

夫に恨みを晴らすことになります。

これは理想家庭の

モデルになり得ません。

もちろん次の世代の

モデルとはなり得ません。

それは公的位置からの

離脱を正当化するものです。

自己の対象としての位置を離れ

それを好機として

主体である夫を攻撃する。

これは真の女性や

真の子女の

なすべきことではありません。

中心を持つべきです。

私たちの家庭の中心は

真のお父様です。

議論の余地はありません。

キリスト教徒の

伝統的概念においても

天国はキリストの王権を意味します。

キリストが再臨して

千年王国を統治するというものです。

キリストと共にある者は

たとえ斬首されてもキリストと共に

千年間、御国を統治するのです。

(お父様が自筆で亨進様を代身者、

相続者と認めた宣布文を指しながら)

お父様は

明確に真の父母の

相続者を指名されました。

お父様は

聖書に描かれた如くに

後継を指名されました。

私が男であり

家庭の主人であるからです。

独裁者ではありません。

私には家族を守る責任があります。

家族に

危害を加えようとするものがあれば

私は反撃します。

それが責任だからです。

何かあれば一番に駆けつけます。

また子供にも

将来自分の主人としての

位置を理解できるよう、

その責任を深刻に受け止めるように

訓練しています。

それが父から子に受け継いでいくべき

重要な責任観念です。

代わりになる者は誰もいない

自分で責任を持つという観念です。

特に国家レベルでそれを理解することは

とても重要です。

責任を持たない)対象的立場の人々が

国を支配するなら

それは間違いなく混乱を招くからです。

なぜならそこに

主体が存在しないからです。

そこにあるのは

衆愚政治(自覚のない無知な民衆による政治)です。

大衆が

個人の権利を奪うことができるのです。

例えば西部開拓時代に30人の集団が

ある者を捕まえて、

自分たちは捕まえた男を

殺すと言いだしたとしましょう。

これが民主主義なら

それぞれが一票を持っているから

その男は殺されることもあるし

殺されない場合もあるでしょう。

しかし共和制では

男がすぐに処刑されることはあり得ません。

保安官がいて

男には

裁判を受ける権利があるというでしょう。

法が彼を助けます。

共和制では

政府の上に法律があるので

いかに少数派であっても

法が彼を護ることができます。

たとえばこの部屋の一人を除く全員が

その権利を認めないとなれば、

民主主義の原理(多数決)に基づけば

その人の権利は奪われてしまうでしょう。

しかし共和制では

上位の法があるのでそうはいきません。

また二つ目に大切なことは

共和制ではひとたび裁判ということになっても

陪審員の前で行われます。

自分をよく知る、

その動機をしる陪審員が同席するのです。

ですから陪審員の

一人が無罪だと言えば釈放されるのです。

大衆による衆愚政治が

あなたを抑圧することはないか、

あったとしてもそうすることが困難になります。

今アメリカではそれが失われました。

(主体の位置が入れ替わった

韓国指導者用教材を示しながら)

これも毎週指摘しています。

今もなお、

お母様は

主体と対象が完全に入れ替わった

教材で教えています。

これも「何かの誤りだ」と

言い訳することも可能です。

「ああ、それは下の者が犯した誤りです」

などというのは

韓国人がよくつく嘘です。

しかしこれは教団幹部の

呉教授が作成しました。

何千部も刷られて用いられています。

まごうことなきプロパガンダです。

堕落した四位基台を教えています。

中心の位置はサタンが占め、

主体にオモニが来るのです。

また「平和の主人、血統の主人」の中で

お父様が

母(オモニ)の教材であり、

皆さんの教材です。

母(オモニ)が果たせずに誤ったならば、

オモニ、悔い改めて下さい。

私によって祝福を受けなければ

生きる道がありません』

といえるような皆さんにならなければなりません。」

の部分も大きく書き換えました。

黙示録17章では

同じだけの苦しみと悲しみを、

彼女に与えよ。

彼女は心の中でこう言っているからである。

『わたしは、

女王の座に着いており、

やもめなどではない。

決して悲しい目に遭いはしない。』

とありますがこれも実現しました。

単独で王冠を被っています。

完全にお父様にとって代わろうとしました。

3年前からこうなることは分かっていました。

もちろん

具体的に何をするかはわかりませんでしたが、

至高の独裁者の道を

たどりたいのであろうと思っていました。

そしてお母様も

私たちもついて来るだろうと思っていたのです。

周りのものは賄賂を使おうとしたり、

何百万ドルという資産を使って私たちを

懐柔しようとしました。

「権力の座に座り続けなさい」とささやきました。

私たちは言いました。

「そんなものよりも大切なものがある」。

「それは『名誉』と

『高潔さ』、

勇気を持ち

真実の男として

お父様と

その願い対する

尊敬を忘れないことである」と。

(その後)祝福リングに

お父様の名も刻むことなく、

「神様とお父様は

お母様の内に存在する」と教えるなど、

完全な異端となってしまいました。

聖書からその

正統性の根拠を見出そうとしてもできません。

そして7つの頭と10の角を象徴する

家庭連合のマーク。

この家庭連合が

天一国憲法と称するものを発布し

最高委員などというものを創設し

「天一国」を商標登録しようとする。

その憲法を見ればまさに

奴隷制と独裁を

絵に書いたようなものです。

これを見ても

神側から離脱し

堕落していることがはっきりとわかります。

なぜなら実際の

天国のビジョンが完全な独裁であり

絶対的政府なのですから。

人権に関する規定は

「公職につく権利がある」これだけです。

まるで全世界を

北朝鮮化する北朝鮮の文書のようです。

そこで公職につけるのです、

おめでとうございます(笑)。

「愚かしい」の一言です。

その憲法の中で

「最高委員会を設置する」と規定しています。

「最高委員会」。

この言葉で今朝盛り上がりました。

「最・高・委・員・会(Supreme Council )」。(最高評議会、

(the supreme judicial and ecclesiastical council of ancient Jerusalem)

(古代エルサレムの、法務および教会の最高協議会)

皆さんはこの「最高委員会」に

隷従しなければなりません(笑)

未来の

天国の最高議決機関として

「最高委員会」を置くそうです。

エリート支配階級が作るこの

「最高委員会」をだれも

監査することはできません。

抑制できないというのです。

異議申し立てもできません。

それを排除することはできないということです。

全体独裁制に他なりません。

全世界の人々を、

お父様を裏切り

冒涜し

消し去る者達の

奴隷にする文書です。

この文書から導かれる将来は

完全な独裁であり、

絶対主義政府であり、

寡占的で不可侵の、(かせん、たとえば、

無数の事業者存在しているが、

トップ数社だけで市場シェア

ほぼ全て占めてしまうような

状況などについて用いられる。)

誰にも説明責任を負わない

「最高委員会」が

統治する世界です。

お母様でも抑えきれないでしょう。

お母様は

絶対的最高指導者になることを

お望みですが、

結局「最高委員会」が

実権を握ることになるでしょう。

「最高委員会」の助言と推薦にもとづいて

お母様は

決定を下すことになっているのですから。

実際、

お母様は

「最高委員会」の

操り人形になることでしょう。

お金と資産を盗む者達、

メシアの聖和後、

彼を裏切り、

財を得た、

そういう人々でつくる

最高委員会です。

異端を支持することで

これらの大きな利益を得ている

神学的姦淫者(かんいん)たちは

何をもたらすのでしょうか。

  • 国民に「自然権」を認めない。
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  • (人間が、自然状態(政府ができる以前の状態、
  • 法律が制定される以前の状態)の段階より、
  • 保持している生命・自由・財産・健康に関する
  • 不可譲の権利。
  • 人権は、自然権の代表的なものとされている)
  • 独裁と絶対主義政府を抑制する「法の支配」の欠如。
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  • 支配階級エリートで作る議決機関、「最高委員会」にたいする抑制と均衡が働かない。
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  • 最高委員会-最高独裁者を監視、監査することができない。
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  • 統治に対する抑制と均衡の構造的欠如。
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  • 寡頭(かとう、少数者支配の体制)・独裁政治に他ならない。
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

以上が神学的姦淫者たちが

家庭連合の人々に

浸透させたいビジョンです。

しかし多くの人が

ペストから逃れるように

そこ(家庭連合)から脱出し始めています。

そこに

神がおられないことを悟ったからです。

そこであわてて

人々の流れを止めようとしています。

彼らは昔ながらの寡頭政治、

独裁政治を支持しているのです。

神学的姦淫者たちは

地獄を作ろうとしているのです。

仮にその世界が実現したとするなら

どのような立場であったとしても

あなたはそこで暮らしたいと願わないでしょう。

たとえ権力者にコネがあったとしても

子供を外の世界に送るでしょう。

地獄を作っておいて

そこから逃げ出そうとする。

偽善も甚だしいではありませんか。

(写真を指しながら)

これはジョン・バーチ協会が作成したものですが、

ここに様ざまな政治体制が描かれています。

来週(10/11)憲法を公布することからも

これを知っておくことは大切です。

左端に君主制がありますが、

JB協会(ジョン・バーチ協会)がいうには

君主制も独裁制の構造が似ている。

前面に立つ一人が権力者であり、

権力を握っているように見えるが

実際はその背後にいるグループ、

側近のグループが

隠れた権力者として存在するということです。

ですから現実的には

独裁は存在せず

実際は少数の者が権力を握る

「寡頭政治」だというのです。

このスペクトラムの右端に

「無政府主義」があります。

国進兄さんの

「自由社会」の講演内容を覚えていますか。

原理的観点、聖書的観点から

政府の存在を明らかにしました。

神様は人に仕える者として

天使長を創造されました。

同様に

政府も国民に仕えるために

創造されたというのです。

アメリカ建国の父は

「無政府状態」も危険であると

見做(みなす)していました。

なぜならそれは

「絶対政府」に対する

反動に過ぎないからです。

「無政府主義」への反動が

「すべて政府に任してしまおう」と言う

「絶対政府主義」なのです。

ですから何らかの形で

「政府」は必要である。

しかしそれは可能な限り

小さな政府が望ましい。

これらに関しては

天一憲法で入念に規定しています。

共産主義、社会主義、

ナチズム、ファシズム等などは

極大政府、絶対政府の側に位置します。

それらはどのようなものであれ

中央集権を進めます。

ですから政治家が

「この政策にはこの機関の設立が必要だ」と言う時、

明らかに権力を

中央に集めようとしています。

権力を中央に集めるとき、

それは神の理想に近づいているでしょうか

遠ざかっているでしょうか。

遠ざかっています。

神様は子供たちに

自由と責任を与えられました。

子供たちにすべての

統治権を与えられたのです。

ですから「政府」は

主人ではなく適切な

僕(しもべ)の位置にあるべきものです。

また「民主主義」も

過渡的、一時的政治体制です。

完全な民主主義では

各人が一票の投票権を持ちます。

確かに聞こえはいいでしょう。

しかし後には必ず

社会的堕落を招きます。

例をあげましょう。

「共和制」として始まると

選挙で選ばれた者たちは

次第に利益を約束することで

票を集められることを悟り

ますます力を得ます。

すると国民の方も

政府に無償であれをくれこれをくれと

言うようになります。

こうして共和制は民主主義へと変容し、

そして(財源のため)さまざまな税を課し

社会福祉制度を作り上げ、

挙句の果てには

個人の土地私有権を侵害するなど、

まさに現代アメリカがたどっている道です。

そしてローマがそうであったように

崩壊にいたるのです。

そうして社会が混乱に陥ると、

シーザーのような強い力、

軍事力をもつ指導者を

国民は支持するようになります。

こうして共和制は滅びに至るのです。

建国の父は

これらを丹念に観察した結果、

独裁制に陥る必然性を持つ

民主主義を選択しませんでした。

そういう議論を

ジェームズ・マディソン、

トーマス・ジェファーソン達はしたのです。

そして残った選択肢は二つ。

一つは一握りのエリートによる支配、

寡頭政治、

もしくは法による支配、代表民主制をとる

共和制体でした。

法の文言も大事ですが

法に込められた意図がさらに重要です。

これは聖書的な解釈による

共和制です。

なぜなら

イエスは律法から

より内的な基準に移行させました。

法で裁くことから、

その意図を汲むことを重視したのです。

それが陪審員裁判の背景にあります。

自分をよく知る人に

裁判に加わってもらうのです。

「私は彼の隣人で彼の人となりをよく知っている」

というこういう人が裁きに加わるのです。

絶対政府ではこういうふうにはいきません

アメリカは共和制から

堕落して

民主制に移行したと見ることができます。

アメリカ政府のウェブサイトでは

こういう図(三権分立)を使って啓蒙していますが、

もはや現実には機能していません。

司法、立法、行政の三部門が互いに抑制し合っている

という図式はもはやプロパガンダに過ぎません。

実際は

連邦準備制度に象徴される

中央に集められた

お金が議会、ロビイスト、各政党、

ホワイトハウス、保険会社、大企業、

ウォールストリートなどにつながっています。

こういう(お金を中心とする)図式は

スターリン体制、

ヒットラー体制で見られたものですが、

それが現在の

アメリカにも見ることができます。

選挙資金援助は無制限なので

お金さえあれば

大統領の地位さえ買えるかもしれません。

大統領は行政命令で統治します。

大統領はCIAや他の情報機関を動かせるので

大統領の監査自体、難しいのです。

そして最高裁裁判所の判事の任命権を握っています。

最近知ったのですが

最高裁判事は

大企業の顧問弁護士がなることが多いようです。

ともかく大統領の権限は大きくなりすぎました。

ベンジャミン・フランクリンの言葉が思い起こされます。

「(新しい国の体制は)共和制です。それが維持できる限りは…」。

それから300年も経たないうちに

共和制は崩れました。

私たちが決してなくならないだろう、

崩れることはないだろうと信じていたものが

崩れてしまった時代を

今私たちは生きています。

それは建国の父が

誤ったのではありません。

聖書的原理で

築かれた国に

再臨主を迎えることができなかったからです。

聖書の中で

なぜ王権が必要とされているかを

理解できないのです。

アメリカに於いてさえ

大統領の権限は大きすぎるほどのものです

オバマ大統領は

最高裁判事の任命を通して

同性婚を合法なものにしてしまいました。

アメリカは本来

もっとも神の国に近い体制を持っていました。

限りなく自由に良心に従って

神を賛美できる国でした。

ところが今やとことん絶対政府に近づいています。

神様はアメリカ建国を導かれました。

建国の父たちに霊を注がれ

独裁制を打ち破るよう導かれました。

人権に関してはどうなったでしょうか。

憲法に修正条項を入れていく過程で

所得税の他諸々の規定で

建国の父が想定したものから

かなり外れました。

後の世代は

自分達は先祖よりも賢明で

うまくやれると思いこんで

何でも変えてしまうのです。

建国から300年、

これが問題であったということです。

見えざる力がゆっくり確実に

「共和制」から

「寡頭制」へと動かしてきました。

BBCなどの調査機関    

(英国放送協会(BBC)の

海外向け放送「BBCワールドサービス」は、

各国が世界に与える影響が

良いか悪いかを聴く調査を行い、

インターネットなどで公開している。

いわば国家のイメージ調査)

(BBCワールドサービス、グローブスキャン社による国際世論調査)

はもはやアメリカは

寡頭政治であると

結論付けています

どうしてこうなってしまったのでしょうか。

「自由」は

神様から来るのです。

それは

神様に結びついていなければなりません。

お父様は

「神主義」と表現されました。

アメリカは

神の基台の上に建てられた

国であることを

明確にしなければなりません。

この事実は

人間の力で変えることはできません。

神様が与えられた

自由と責任は

人間の力で変えることはできないのです。

子孫がいかに知恵深くとも

神のみ言を変えることはできません。

現代アメリカ人で

建国の父の水準を超えるものはいません。

程遠いというのです。

ヨーロッパで

独裁を体験したこともなければ、

堕落した国を目撃したこともない、

そしてそこからの

自由のために闘ったこともないのです。

彼らはおそらく

建国の父よりは

慢であったとしても少なくとも

賢明ではありません。

これは各世代が抱える問題です。

神様のみ言と憲法は

実現すべきものから

世代を経るとともに

大衆の欲に従って逸れていき逆に

み言を世俗的に捻じ曲げようとします。

来週(10/11)に

天一国憲法を明らかにしますが、

王権と千年王国を

聖書が預言している理由、

お父様が同じ主旨の

み言を語られた理由が

そこで明らかにされるでしょう。

政府が均衡と抑制で保たれる仕組み、

神様とお父様が

意図された内容が明らかになるでしょう。

ここに主体を基礎とするイデオロギーと

対象を基礎とするイデオロギーの

違いがあります。

皆さんの機嫌を取ることが問題ではありません。

関心の焦点は

将来のためにいかに

自由と責任を

保持するかにあります。

100年後、200年後、300年後も

人はこの文書に戻って来るのです。

キリストの

王権の権威に基づく

自由と責任を守るのです。

最高に自由で豊かな、

バランスのとれた

システムを作ります。

もちろん資産家や権力者たちにも

その居場所は確保しますが

決して政治に

過度に口出しすることを許しません。

これを一週間かけて解説します。

今はまだ明らかにしていませんが、

皆さんもどんなものになるか

少し緊張を持って期待し、

心に掛けていて欲しいのです。

不安に思っても結構です。

私は皆さんのご機嫌取りはしません。

お父様の

王権と伝統を残すために

ここにいます。

お父様の

キリストとしての賜物である

自由と責任を

全世界に残すため

ここにいるのです。

キリストの子女と伝統は

韓オモニのように

権力を簒奪し

(さんだつ、帝王の位、政治の実権などを奪い取ること)

搾取的な

独裁権力を産み出したりはしません。

キリストの子女、

自分を売らなかった

カイン・アベルは

すべてを失いましたが、

お父様と

神様の賜物である

自由と責任と共に立っています。

天聖経1551を呼んで終わりましょう。

天国は

神様の御旨に従って治められ

神様の戒めを重んずる

神の子女達の

主権により治められる場所であることは

間違いありません。

そのような所には

民主主義も共産主義もありません。

ひとたび建つと永遠に残るのです。

こういうふうに考えるとき、

私たちが

その国の市民でないことは

本当に

悲しむべきことであると

考えざるを得ません。

広告