真理を求め 真実を探さなければ・・・・。

真理を求め 真実を探さなければ・・・・。

万人を救うと誓われた主であるが、

個々人の心には干渉されない

真実は、自ら求めなければ

真実を知る事はない

家庭連合の皆様

真実を知る事はありませんよ!

ヘブル人への手紙

第7章

7:21この人の場合は、次のような誓いをもってされたのである。

すなわち、彼について、こう言われている、

「主は誓われたが、
^^^^^^^^^^^
心を変えることをされなかった。あなたこそは、永遠に祭司である」。
^^^^^^^^^^^^^^^^^
7:22このようにして、イエスは更にすぐれた契約の保証となられたのである。

7:23かつ、死ということがあるために、務を続けることができないので、

多くの人々が祭司に立てられるのである。

7:24しかし彼は、永遠にいますかたであるので、

変らない祭司の務を持ちつづけておられるのである。

7:25そこでまた、彼は、いつも生きていて彼らのためにとりなしておられるので、

彼によって神に来る人々を、いつも救うことができるのである。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
7:26このように、聖にして、悪も汚れもなく、罪人とは区別され、かつ、もろもろの天よりも高くされている大祭司こそ、わたしたちにとってふさわしいかたである。

7:27彼は、ほかの大祭司のように、まず自分の罪のため、次に民の罪のために、日々、いけにえをささげる必要はない。なぜなら、自分をささげて、一度だけ、それをされたからである。

7:28律法は、弱さを身に負う人間を立てて大祭司とするが、律法の後にきた誓いの御言は、永遠に全うされた御子を立てて、大祭司とした

広告