日曜礼拝

マルコによる福音書
第4章
1節 イエスはまたも、海べで教えはじめられた。
おびただしい群衆がみもとに集まったので、
イエスは舟に乗ってすわったまま、海上におられ、
群衆はみな海に沿って陸地にいた。

2イエスは譬で多くの事を教えられたが、
その教の中で彼らにこう言われた、
3「聞きなさい、種まきが種をまきに出て行った。
4まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。
すると、鳥がきて食べてしまった。
5ほかの種は土の薄い石地に落ちた。
そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、
6日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
7ほかの種はいばらの中に落ちた。
すると、いばらが伸びて、ふさいでしまったので、実を結ばなかった。
8ほかの種は良い地に落ちた。
そしてはえて、育って、
ますます実を結び、三十倍、六十倍、百倍にもなった」。
9そして言われた、「聞く耳のある者は聞くがよい」。
み言葉の前には誰もが謙虚であるべき事がわかります。
私心を持ってみ言葉を聞けば、聞き間違うようです。
10イエスがひとりになられた時、
そばにいた者たちが、十二弟子と共に、
これらの譬について尋ねた。
11そこでイエスは言われた、
「あなたがたには神の国の奥義が授けられているが、
ほかの者たちには、すべてが譬で語られる。
12それは『彼らは見るには見るが、認めず、
聞くには聞くが、悟らず、
悔い改めてゆるされることがない』ためである」。
では、どうすれば悟り、悔い改めることができるのでしょうか。
教えてください。
higashiosakakyoukai@gmail.comまたは、
TEL、07054363138 までお願いいたします。

13また彼らに言われた、
「あなたがたはこの譬がわからないのか。
それでは、どうしてすべての譬がわかるだろうか。
14種まきは御言をまくのである。
15道ばたに御言がまかれたとは、
こういう人たちのことである。
すなわち、御言を聞くと、
すぐにサタンがきて、彼らの中にまかれた御言を、
奪って行くのである。
16同じように、石地にまかれたものとは、
こういう人たちのことである。御言を聞くと、
すぐに喜んで受けるが、
17自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。
そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。
18また、いばらの中にまかれたものとは、こういう人たちのことである。
御言を聞くが、
19世の心づかいと、富の惑わしと、その他いろいろな欲とがはいってきて、
御言をふさぐので、実を結ばなくなる。
20また、良い地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。
御言を聞いて受けいれ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶのである」。
サンクチュアリ人の皆様、一緒に8大教材教本を早朝訓読会で輪読しましょう。
真理のみ言葉の上に立った信仰を求めましょう。
改悪された8大教材教本でないように。
21また彼らに言われた、「ますの下や寝台の下に置くために、あかりを持ってくることがあろうか。燭台の上に置くためではないか。
22なんでも、隠されているもので、現れないものはなく、秘密にされているもので、明るみに出ないものはない。
家庭連合の政治家たちは、家庭連合会員達が真実を知ることがないように、
見るな・聞くな・接触するなと、言いつづけています。
隠されているもので、現れないものはなく、
秘密にされているもので、明るみに出ないものはない。
真理は、努力により得たものを実体とする研鑽(みがき深めること)
がなければ悟る事が出来ないようです。
朝(あした)に道(みち)を聞(き)かば
夕(ゆう)べに死(し)すとも可(か)なり.
子(し)曰(いわ) … 一般には上記の[意味]のように理解されているが、
異説はかなり多い。
その一つ … それによると、
孔子は死ぬことを気にするよりも、
現実の生きているうちに真理を学ぶことが重要であると
弟子たちに説いたということである。
真実にふたをする事は出来ません。….
23聞く耳のある者は聞くがよい」。
24また彼らに言われた、「聞くことがらに注意しなさい。
あなたがたの量るそのはかりで、
自分にも量り与えられ、その上になお増し加えられるであろう。
25だれでも、持っている人は更に与えられ、
持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」。
26また言われた、「神の国は、ある人が地に種をまくようなものである。
27夜昼、寝起きしている間に、種は芽を出して育って行くが、
どうしてそうなるのか、その人は知らない。
28地はおのずから実を結ばせるもので、
初めに芽、つぎに穂、つぎに穂の中に豊かな実ができる。
29実がいると、すぐにかまを入れる。
刈入れ時がきたからである」。
30また言われた、「神の国を何に比べようか。
また、どんな譬で言いあらわそうか。
31それは一粒のからし種のようなものである。
地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さいが、
32まかれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、
大きな枝を張り、その陰に空の鳥が宿るほどになる」。
33イエスはこのような多くの譬で、
人々の聞く力にしたがって、御言を語られた。
34譬によらないでは語られなかったが、
自分の弟子たちには、ひそかにすべてのことを解き明かされた。
35さてその日、夕方になると、
イエスは弟子たちに、「向こう岸へ渡ろう」と言われた。
36そこで、彼らは群衆をあとに残し、
イエスが舟に乗っておられるまま、乗り出した。ほかの舟も一緒に行った。
37すると、激しい突風が起り、
波が舟の中に打ち込んできて、舟に満ちそうになった。
38ところがイエス自身は、舳の方でまくらをして、眠っておられた。
そこで、弟子たちはイエスをおこして、
「先生、わたしどもがおぼれ死んでも、
おかまいにならないのですか」と言った。
39イエスは起きあがって風をしかり、海にむかって、
「静まれ、黙れ」と言われると、風はやんで、大なぎになった。
40イエスは彼らに言われた、
「なぜ、そんなにこわがるのか。どうして信仰がないのか」。
41彼らは恐れおののいて、互に言った、
「いったい、この方はだれだろう。風も海も従わせるとは」。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中