お父様の最後の祈祷を意図的に歪曲された。!!

お父様の最後の祈祷の真実!!

天一国経典編纂委員会の副委員長である李載錫副委員長は実に

衝撃的な告白をTP Magazine日本語版の天暦6月(2014年7月)号に寄稿しました。
お父様の最後の祈祷の音声ファイルが何者かにより編集され、

お父様が最後の祈祷で我々祝福家庭に託そうとされた御言葉が意図的に歪曲された。

と言うことです。

指導者の誰かによって編集され聖和式で上映された動画では

意図的に削除されていた部分は赤文字です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きょう、最終的な完成、完結を成し遂げてお父様のみ前にお返しし、

今までの一生をお父様にお捧げすることを知っておりますので、

そのみ旨のままに、今は、精誠を捧げてすべての生を終了する時間を迎え、

堕落のなかった本然のエデンの園に帰り、

エバが過ちを犯し、アダムが引っ掛かった責任分担を、

すべて超越できるようになりました。

あらゆることに対する解放、釈放の権限をもち、

誰であっても父母様のあとに従いさえすれば、

四次元においても、十四次元においても、

地獄に行く者を天国に入籍させることができ、

四次元の入籍と十四人の息子、娘たちを中心として

氏族的メシヤが国家を代表する名称となって三百八十七の国々

(アベル国連圏百九十四ヵ国、カイン国連圏百九十三ヵ国)

さえ復帰すれば、すべてが終わることを宣布します。

そのためのあらゆることを、

すべて成し遂げました。

すべて成し遂げました。アージュ。(二〇一二・八・一三)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悪編集された動画

お父様の最後の祈祷の動画は今でも教会のサイトに堂々と掲載されています。

gildongのブログより引用

祈祷の音声と、お父様の口の動きが、ただの一度も一致しません。
臨場感を出すために挿入した、お父様の呼吸音が3回ともほぼ同じ
つまり、1つの音源を、多少レベルやカット位置を変えて3回使い回している。

下記波形画像の左の赤矢印in、右の赤矢印outです。
つまり赤矢印の間が呼吸の音声部分です。
inはまだしも、outはひどい。継ぎ目が一目瞭然です。

黄色矢印が呼吸音のピークで、
2回づつ入っている間隔やエンベロープ(プロファイル)がほぼ同じ。

gildongのブログ-20120906

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルカによる福音書

3章

7節さて、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出てきた群衆にむかって言った、
「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、のがれられると、おまえたちにだれが教えたのか。

8だから、悔改めにふさわしい実を結べ。自分たちの父にはアブラハムがあるなどと、心の中で思ってもみるな。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
おまえたちに言っておく。神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子を起すことができるのだ。

9斧がすでに木の根もとに置かれている。だから、良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれるのだ」。

10そこで群衆が彼に、「それでは、わたしたちは何をすればよいのですか」と尋ねた。

11彼は答えて言った、・・・・・・・・。

ーーーーーーーーーーーーー

世の中が目まぐるしく変化する中、

私たちは、金と権力に従順な者となり、

世の生活を無意味なものにするのか、

悔改めにふさわしい実を結べ。の聖句があるように、

悔い改めの祈りをなしましょう。
お父様、私のお父様。。。
苦しそうに呼吸をされながら、神様に人生最後の祈祷を捧げられた
愛するお父様。
呼べど答えのない愛しいお父様。今どこにおられますか。
天よ。どうして呼ばれたのでしょうか。
悲しみに溢れ、胸が張り裂ける痛みで叫ぶ愛しいお父様。(以下省略)

苦しそうな呼吸などお父様はされていなかったのです。いかにもお父様を心から愛しているかのように表現しながら、全世界の食口を騙したのです。しかしその嘘は霊的に李載錫副委員長に現れたお父様の一括によって暴かれました。

繰り返しますが、お父様は‘十四人の息子、娘たちを中心として、氏族的メシヤが国家を代表する名称となって三百八十七の国々(アベル国連圏百九十四ヵ国、カイン国連圏百九十三ヵ国)さえ復帰すれば、すべてが終わる’とおっしゃられたのです。まだすべて終わっていないのです。真の子女様を立てて行かねばならないという部分を意図的に削除したことがお分かりいただけましたでしょうか。

最後の祈祷の重要な御言葉を削除し全世界の食口を騙した悪行が李載錫副委員長の寄稿文により白日の下にさらされたというのに教会のリーダーたちは真犯人が誰であるのか突き止めようともせず傍観しています。

このようにはっきりした証拠が出るのはごく稀なことですが、この事件を通して、祝福家庭のリーダーが顕進様を意図的に排除するためにどういうことをしてきたのか、推察することができるのではないでしょうか。

この天宙的葛藤は、真の家庭だけで解決することができないのです。真の子女様が勝利なさることができるよう支え、真のお母様を勝利したお母様にしてさしあげることは祝福家庭の責任なのです。不義なる祝福家庭のリーダーが犯した過ちは私達が正さなくてはなりません。彼らが積んできた嘘の壁が、罪の壁が、犯罪の壁が、真のお母様と顕進様の間を遮っています。私達の手でその壁を取り払わなければなりません。どうか真実から目を背けないでください。
バプテスマとはなに?
マタイによる福音書3:13-15
そのとき、イエスが、ガリラヤからヨルダン川のヨハネのところへ来られた。
彼から洗礼を受けるためである。 ところが、ヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った。
「わたしこそ、あなたから洗礼を受けるべきなのに、あなたが、わたしのところへ来られたのですか。」
しかし、イエスはお答えになった。「今は、止めないでほしい。
正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです。」
そこで、ヨハネはイエスの言われるとおりにした。

マタイによる福音書28:16-20
さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行き、イエスが指示しておかれた山に登った。
そして、イエスに会い、ひれ伏した。しかし、疑う者もいた。
イエスは、近寄って来て言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。
だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。
彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、
あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。
わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中