またまた出ました。

真理はどの様なものを持ってきても論破できない

数々の反撃を受けたとしたら

その反論を真摯に受けて、真理から導き出した反論により

真理の真理たるゆえんを現さなければなりません。

サンクチュアリ人の皆様に置かれましては、

家庭連合のおっしゃることを真摯に聞いてあげましょう。

解らないことがあったらすぐにお電話又はメールで

お問い合わせください、一人で悩まないでくださいね。

経験豊富な家庭婦人がいますし、

アメリカの亨進様に私たちがお尋ねしますし、

ネットワークで情報を提供いたします。

ご安心ください。

〒 547-0041  大阪市平野区平野北1-10-33-2階 
TEL 070-5436-3138 たけうち整体院 内
E-メール:higashiosakakyoukai@gmail.com

見ざる言わざる聞かざるの団体は、

いまだに、同じ反論を繰り返しています。

すべてに、反論できる材料があります。

何故自信が有るのでしょう。

亨進様の背後にお父様がいらっしゃるからです。

2015/10/30 にYoutubeに公開
太田講師による「サンクチュアリ教会を支持する人々の言説の誤り」第1弾です。は

既に論破されている、何とかの一つ覚えでそれも2015/10/30 にYoutubeに公開と

10月になっても新しい論破材料を導き出すことができない。

天使長・政治家は論点はずししかできない。

一字一句変えないようにおっしゃったことを、どのように実行することが

み言葉に忠実なのか冒涜・親不孝にならないのか

皆様、早く気付て下さい。

ヨルダン川の岸辺に立ってわたるか渡らないかを決めるのは、

あなた自身です。

またまた出ました。

独生女は、ありえない‼

祝福家庭と理想天国(Ⅰ)

第二章 真の父母と神の家庭

第一節 イエスと祝福
第二節 小羊の婚宴と最初の復活
第三節 真の父母と真の子女
第四節 家庭を中心とした復帰摂理

第一節 イエスと祝福

4、イエス様の恨み

・・・・・・・・・・・・・・。
 
今日、キリスト教でいうひとり子とは一体どんな意味をもっているのでしょうか。

また、ひとり娘とはどこにいるのでしょうか。

イエス様がひとり娘を探し出していたなら、

今日の摂理歴史は新しい転換点を迎えたでしょうが、

ひとり娘を探し出せなかったことが歴史的な悲劇となったのです。

再創造の歴史の中で、ひとり娘はどのようにして探し出すべきでしょうか。

ひとり娘はアダムによって再創造されなければなりません。

神様はアダムのあばら骨を取って

配偶者をつくったという事実に留意すべきです。

それは、実際にアダムのあばら骨を取ったのではなく、

アダムに似せた相対者としてつくったという意味なのです。

だからみ旨にかなうように育てなければならないのです。

そのために、ヨセフ家庭とザカリヤ家庭、

洗礼ヨハネ家庭とヨセフ家庭が必要だったのです。(48)

ID:ns1b75
”にほんブログ村
にほんブログ村

”PVアクセスランキング

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中