土曜礼拝

万有原力の大きさが以下の参考例から解ります。

標準的な台風の持つ運動エネルギー:2777.78億kWh
2010年度電力需要実績:9065億kWh
1秒あたりの太陽エネルギー:27.78億kWh
関東大震災のエネルギー:124.08億kWh
原爆のエネルギー:0.17億kWh
スーパー伊勢湾台風による高潮災害:22.42億kWh

全宇宙を創造され、今も拡大し続ける宇宙

天使長・家庭連合の政治家達は、

新しい宗教、生まれる前より原罪無き女性による

新宗教を作り上げた、

神につながらない宗教?

神によって作られた、鰯(いわし)の頭を、

拝んだ方が御利益があるでしょう。

第二節 万有原力と授受作用および四位基台
(二) 授 受 作 用
 あらゆる存在をつくっている主体と対象とが、
 万有原力により、相対基準を造成して、良く授け良く受ければ、
 ここにおいて、その存在のためのすべての力、
 すなわち、生存と繁殖と作用などのための力を発生するのである。
 このような過程を通して、力を発生せしめる作用のことを授受作用という。
 ゆえに、万有原力と授受作用の力とは、
 各々原因的なものと結果的なもの、
 内的なものと外的なもの、
 主体的なものと対象的なものという、相対的な関係をもっている。
 したがって、万有原力は縦的な力であり、
 授受作用の力は横的な力であるともいえるのである。
 我々は、ここにおいて、万有原力と授受作用を中心として、
 神と被造物に関することを、更に具体的に調べてみることにしよう。
 神はそれ自体の内に永存する二性性相をもっておられるので、
 これらが万有原力により相対基準を造成して、
 永遠の授受作用をするようになるのである。
 この授受作用の力により、
 その二性性相は永遠の相対基台を造成し、
 神の永遠なる存在基台をつくることによって、
 神は永存し、また、
 被造世界を創造なさるためのすべての力を発揮するようになるのである。
 
ID:75q8rk

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中