沖縄県で、アメリカと日本のハーフである6歳少女が2人の友人と一緒に家から近くの公­園へ向かった時の事だ。

メディアに出てこない重大事件!!

2015/05/02 に公開
【動画解説】

沖縄県で、アメリカと日本のハーフである6歳少女が2人の友人と一緒に家から近くの公­園へ向かった時の事だ。日本の犯罪率は低くく子供たちは、住んでいる近所を自由に外出­が出来るんだ。しかし、5人の人間のクズ達が公園で友達から離れたハーフの6歳を攻撃­したんだ。

この5人のクズ達が、不細工な顔を隠すためのマスクとサングラス姿で、恐怖のドン底に­陥ちている6歳の女の子を地面に投げ落とすと、その中の一人が彼女の胸を足で踏みつけ­ながら「アメリカ人が何故そこに居るんだ?」」と。

子供を攻撃するというのは、人種差別主義者の共産党員による明らかなヘイトクラムその­ものだ。
週間前ロバート・エルドリッジ博士が沖縄のテレビショーに出演した時、沖縄における反­米デモ行為は、「ヘイトスピーチと変わりない」と正しい評価で指示したところ、叩かれ­たそうだ。沖縄にある共産党員たちはついにヘイトスピーチからヘイトクライムへと進展­している。

警察に通報しても、5人のクズ達のヘイトクライムによる6歳少女への暴力行為に対し、­逮捕につながるという保証はないそうだ。

日本の沖縄は、第二次世界大戦後にアメリカ軍基地が建てられたのは、北京の共産党から­日本とアメリカを保護するためだ。

沖縄には、保守主義に成りすました共産党員らは、毎日のようにアメリカ海兵隊基地を日­本から追い出そうと、デモをしている連中がいるが、県民たちは逆で、アメリカ軍基地が­あることに感謝している。あれは支那に雇われた反米デモというのはバレバレだよな。

支那は和平を唱えながら反米活動を支持してる。何が平和だ?
沖縄は闘争に巻き込まれてるんだぜ。アメリカ海兵隊たちと戦闘しようとさせてるんじゃ­ないか。和平だと、奴等する事は土地を寄こせと要求してるのであって、平和を求めてい­るのではない。

北京の共産党が欲しがっているのは土地だ。フィリピンの一部、日本の一部、ベトナムの­一部、台湾の一部、他の国々に対しても同じく攻撃的によこせと言う。
お金が目的の沖縄のサヨクらは、妄想にまみれた共産党員達によって利用されている。

反米デモ活動をしている連中には、元教師もいる。
こんなサヨクらが若者をマインドコントロールしてるのは恐ろしい事だ。
今年の2月にも、普天間基地から移動された辺野古の近くにある在日米軍海兵隊の基地の­ことを、サヨクらは自然のサンゴと海の哺乳動物の生息地を破壊するために拡大されたと­主張し、県民たちの感情を利用している。それは支那の共産党による手柄なんだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中