天一国では、全ての市民が主人だから、

天一国では、全ての市民が主人だから、
自分の事業もして、農場、工場もあり、
すべての人々がプロデューサーだから、
生産もして、販売もして、熱心に経営をします。
そして、その事業を命がけで起こしたのですから、
他人ではなく子供に継がせたいでしょう?
子供たちを育てて子供たちに引き継ぎたいでしょう?
死ぬ気で立てたのに、ただ他の人にはあげたくないでしょう?
子供たちをしっかりと教育しながら訓練して、
市場との事業をよく理解させて、
成功することができるように訓練させた後、
引き継がせたいでしょう。

 

このような文化の中で子供たちを教育をすると、
子供たちが父親が閉鎖的だと見ずに、
お父さんは、自分よりもはるかに市場に精通していて、
お金を稼ぐことができるので、
私は(父親から)よく学ばなければならないと考えます。
父を負担ではなく、資産として見るのですね。
尊敬して慕います。

 

親も子供を負担に思わず、資産として見ます。
親も子供が多くても「あ~私の金を盗む悪い奴だ、
一人当たり10億、10億、10億。
アイゴ~私が死に物狂いで悲惨にはたらいて…」こうではなく、
子供達を負担ではなく、
自分の資産だと感じるため、
当然、赤ちゃんを多く産むことを好みます。
それゆえ子供たちに自分の市場をよく教え、
この事業を継がせてあげればいいのです。
農業では、ある子供はリンゴ農業、
また他の子供は漁業、ある子供はウサギ農場を、
それぞれ担当することができますよね。
そうなると、もう子供は負担ではなく資産になってしまいます。
お父様も子供をたくさん産むことが好まれるでしょう。
子供をたくさん生むことも資産になってしまいます。負担でなく。

ID:336wvh

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

天一国では、全ての市民が主人だから、” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中