第一コリント 11:17-22

離合集散もありうることでしょうか。
11:18 まず第一に、あなたがたが教会で集まる際、お互いの間に仲間割れがあると聞いています。わたしもある程度そういうことがあろうかと思います。

****************************************
第一コリント 11:17-22
主の晩餐の際の無秩序

翻訳比較
岩波翻訳委員会訳1995
461117さて、以上のことを指示するに際して、〔次の点では〕私はあなたがたを称讃するわけにはいかない。すなわち、共に集う〔時に〕、あなたがたがより望ましいあり方へとではなく、むしろより悪しきあり方へと〔向かっている〕ことである。
461118というのも、まず第一に、あなたがたが教会に集う時に、あなたがたの間に分争があると私は聞いており、そしてある部分はそれを信じているからである。
461119実際、あなたがたの間で[まさに]適格者たちが明らかになるためには、あなたがたの間に分派もまたなければならない。
461120さて〔話をもとに戻して〕、あなたがたが一堂に集う時、主の晩餐を食べるということが不可能になっている。
461121おのおのが、自分自身の晩餐を我先に取って食べ、そのために、一方ではある者が飢え、他方ではある者が酔っている〔始末だ〕からである。
461122そもそもあなたがたは、食べたり飲んだりするための家をもたないのか。あるいはあなたがたは、神の教会を軽侮し、そしてもたざる者たちを侮辱するのか。あなたがたに対して私は何を言おうか。私はあなたがたを称讃しようか。このことにおいては、称讃するわけにはいかない。

新共同訳1987
11:17 次のことを指示するにあたって、わたしはあなたがたをほめるわけにはいきません。あなたがたの集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いているからです。
11:18 まず第一に、あなたがたが教会で集まる際、お互いの間に仲間割れがあると聞いています。わたしもある程度そういうことがあろうかと思います。
11:19 あなたがたの間で、だれが適格者かはっきりするためには、仲間争いも避けられないかもしれません。
11:20 それでは、一緒に集まっても、主の晩餐を食べることにならないのです。
11:21 なぜなら、食事のとき各自が勝手に自分の分を食べてしまい、空腹の者がいるかと思えば、酔っている者もいるという始末だからです。
11:22 あなたがたには、飲んだり食べたりする家がないのですか。それとも、神の教会を見くびり、貧しい人々に恥をかかせようというのですか。わたしはあなたがたに何と言ったらよいのだろう。ほめることにしようか。この点については、ほめるわけにはいきません。

前田訳1978
11:17 このことを指図するに当って、ほめえないことがあります。それは、あなた方が集まると、よりよくならず、より悪くなることです。
11:18 まず、あなた方が集まりにつどうとき分裂があると聞いており、ある程度それを信じます。
11:19 たしかに、あなた方の中の試練ずみの人たちが明らかになるためには、分派もできねばなりません。
11:20 ところで、あなた方が集まるとき、主の晩餐をいただいていません。
11:21 食事のとき、めいめいが自分の晩餐をとるので、ある人は飢え、ある人は酔っています。
11:22 あなた方には飲み食いする家がないのですか。それとも神の集会を軽んじ、何も持たぬ人々をはずかしめるのですか。何といいましょう。あなた方をほめるべきでしょうか。このことではほめません。

新改訳1970
11:17 ところで、聞いていただくことがあります。私はあなたがたをほめません。あなたがたの集まりが益にならないで、かえって害になっているからです。
11:18 まず第一に、あなたがたが教会の集まりをするとき、あなたがたの間には分裂があると聞いています。ある程度は、それを信じます。
11:19 というのは、あなたがたの中でほんとうの信者が明らかにされるためには、分派が起こるのもやむをえないからです。
11:20 しかし、そういうわけで、あなたがたはいっしょに集まっても、それは主の晩餐を食べるためではありません。
11:21 食事のとき、めいめい我先にと自分の食事を済ませるので、空腹な者もおれば、酔っている者もいるというしまつです。
11:22 飲食のためなら、自分の家があるでしょう。それとも、あなたがたは、神の教会を軽んじ、貧しい人たちをはずかしめたいのですか。私はあなたがたに何と言ったらよいでしょう。ほめるべきでしょうか。このことに関しては、ほめるわけにはいきません。

塚本訳1963
11:17 (次に)わたしは(主の晩餐につき)指図をするに当って、あなた達の集まりが利益にならず害になっていることは、褒めるわけにはゆかない。
11:18 なぜなら、まず第一に、集会の会合に集まるとき、あなた達の間に仲間割れがあることを耳にしているのだが、わたしは一部それを信ずる。
11:19 ──(信仰の)試練済みの者があなた達の間で明らかになるためには、あなた達の間に党派もできねばならないから。──
11:20 それであなた達は一しょに集まっても、主の晩餐を食べることができない。
11:21 なぜなら、その食事の際、めいめいが(持って来た)自分の晩餐を(勝手に)先に食べるので、ある人は(貧しくて持って来られず)空腹であるのに、ある人は酔っぱらう(有様だ)からである。
11:22 いったいあなた達には飲み食いする家がないとでもいうのか。それとも、あなた達は神の集会を軽蔑し、また持たぬ人たちに恥をかかせるのか。あなた達になんと言ったらよいのか。褒めるべきであろうか。(残念ながら、)このことでは褒めるわけにはゆかない。

口語訳1955
11:17 ところで、次のことを命じるについては、あなたがたをほめるわけにはいかない。というのは、あなたがたの集まりが利益にならないで、かえって損失になっているからである。
11:18 まず、あなたがたが教会に集まる時、お互の間に分争があることを、わたしは耳にしており、そしていくぶんか、それを信じている。
11:19 たしかに、あなたがたの中でほんとうの者が明らかにされるためには、分派もなければなるまい。
11:20 そこで、あなたがたが一緒に集まるとき、主の晩餐を守ることができないでいる。
11:21 というのは、食事の際、各自が自分の晩餐をかってに先に食べるので、飢えている人があるかと思えば、酔っている人がある始末である。
11:22 あなたがたには、飲み食いをする家がないのか。それとも、神の教会を軽んじ、貧しい人々をはずかしめるのか。わたしはあなたがたに対して、なんと言おうか。あなたがたを、ほめようか。この事では、ほめるわけにはいかない。

文語訳1917
“461117”,”我これらの事を命じて汝らを譽めず。汝らの集ること益を受けずして損を招けばなり。”
“461118”,”先ず汝らが教會に集るとき分爭ありと聞く、われ略これを信ず。”
“461119”,”それは汝等のうちに是とせらるべき者の現れんために黨派も必ず起るべければなり。”
“461120”,”なんぢら一處に集るとき、主の晩餐を食すること能はず。”
“461121”,”食する時おのおの人に先だちて己の晩餐を食するにより、饑うる者あり、醉飽ける者あればなり。”
“461122”,”汝ら飲食すべき家なきか、神の教會を輕んじ、また乏しき者を辱しめんとするか、我なにを言ふべきか、汝らを譽むべきか、之に就きては譽めぬなり。”

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中