天聖経 真の神様

天聖経
真の神様
第四章 真のお父様の見た神様
一 歴史的な恨、苦痛の神様
 1.人間の堕落により父母の立場を失う
 2.復帰の恨、子女を訪ねて六千年
二 息子を失った衝撃、悲しみの神様
 1.永遠のひとり子を失った神様
 2.神様の歴史的に悲惨な姿
三 拘束された神様、囹圄(れいご)の神様
 1.神様が立つ瀬を失った
 2.神様が神様の本分を果たせずにいる
統一教会はいつまで残るのでしょうか。・・・・・・・・・・・・・。
「人類のゆえに神様が拘束を受けているのだ。私ゆえに神様が拘束されているのだ。私という一個体のために神様がサタンの讒訴を受けているのだ。私のゆえにイエス様も死んだのだ。私ゆえに聖霊が血のにじむ闘争の歴史を抱いて身もだえしてきたのだ。神様、私に力をお与えください。お父様を安息させ、解放の座に移してさしあげます」と言うことのできる、信仰に飢える者、希望に飢える者、愛に燃える者を神様が六千年間求めてこられたのです。このような事実を私たちは知らなければなりません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中