トランプ氏は、アメリカ第一を掲げています。 どの様に理解すればよろしいでしょうか。

以下のようなみ言葉があります。
トランプ氏は、アメリカ第一を掲げています。
どの様に理解すればよろしいでしょうか。
どうぞおしえてください。
お願いいたします。
天聖経
真の神様
第4章真のお父様の見た神様
五 神様を解放してさしあげよう
1.神様は囹圄(れいご)の立場
神様がアメリカに二百年間世界的な祝福をすべて与えたのですが、これをすべて自分たちのための福だと思い、自分たちキリスト教の福だと思い、アメリカだけの祝福だと思っているのです。アメリカとキリスト教を犠牲にして、世界万民を解放し、万民の福祉を建設すべき責任を忘れて、アメリカ第一主義、アメリカ単一主義、個国主義に陥ってしまったのです。世界主義的アメリカのために、自分の一国を犠牲にし、一キリスト教を犠牲にしてでも世界的基盤版図を築くのが神様のみ旨であるにもかかわらず、それに背き反対の立場に立ったのでアメリカ自体もまっさかさまに落ちるのです。家庭が崩れ、教会が崩れ、国が崩れ、すべてがめちゃめちゃです。すべてが病んでいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆様よりご返答いただきました。
アメリカ、日本より頂きました。
紙面より皆様に心よりお礼申し上げます。

Hide
1月14日 (1 日前)

竹内様
Hideです。

私が思うに、まずヒラリークリントンとドナルドトランプを
比較した場合、サンクチュアリ、亨進、国進様の目指す方向性としてはトランプとなります。
しかし、トランプがすごく良いからというより、クリントンがあまりに酷すぎるのだと思います。

私の感覚としては、クリントン=大凶、トランプ=凶です。
ゆえに、艱難は避けられません。

民主党政権下である(あった)現在のアメリカは、アメリカ第一主義、アメリカ単一主義、個国主義よりも
さらにおもわしくない立場にある。
もしくは、もしクリントン当選だったら、アメリカ第一主義、アメリカ単一主義、個国主義よりさらに酷い国(方向)に向かっていたと解せばどうかと思います。

クリントンが大統領になっているよりはトランプははるかに良いけれど、トランプの政策すべてが良いわけではないと。
トランプは実際は常識的であるとの見方もあり、もしかするとレーガン元大統領のように化けるかもという方もいます。

一国の大統領が自国の国益を考えるのは当然のことですが、彼がより一層の高みに登れるよう願います。

PS 韓国は本当に危ないですね。
日韓スワップ協定がなくても、日本はアメリカ、EU、スイス、カナダ等との間に無制限のスワップ協定を結んでいますので
困りません。
しかし、韓国は現在日本とのスワップ協定がなく、韓米のスワップ協定も停止状態です。
インドネシアとオーストラリアとの協定がありますが当然無制限ではありませんし、日米が協定を結ばない状況では
基本延長はないと思います。
中国との協定もありますが、アメリカが決めた韓国でのTHAADミサイルの配備の件で中国側はいたく立腹していますから基本延長はないでしょう。
THAADミサイルの配備撤回。中国主導での”実質的な(中国の)属国化”の道を選べば別ですが、、、。
(いずれの協定も今年終了します。(中国との協定が最後で10月できれます)
このままの状態で金融危機がおきれば韓国経済は持ちません。

micavi21
9:31 (23 時間前)

トランプもプーチンも グローバリストである 世界共産主義と戦っております。
 いま 、ヨーロッパもイスラム教に侵食され ニッチもサッチモいかない状態になっています、
 希望はアメリカしかなく お父さまの公生涯もアメリカを立てるための戦いと カインの子女(韓国)を立てるための戦いをしてきましたが アダム国もエバ国も失敗しました。
 残るは アメリカを強くしなければなりません。
 ブッシュを立ててからの 1988から 2016年までの 28年間 完全にサタンの支配下にアメリカはあり、
 現在 2分割されている アメリカをまずは立たさなければなりません。
 亨進様と国進様が そっちの方向ならば お父さまがどちらを向いているのか それだけであります。
 韓国は 虐殺が起きる可能性が高く 日本もとばっちりを受ける
 お父さまに反逆したのですから しょうがありません。
  亨進様が受け入れられない幹部たちは ほとんど全員 韓オモニムにつきました。
  その後 国進様を追い出し 亨進様を家庭ごと荒野に追い出し
  三大試練を与えられました。
  そのことからしてカナン偵察で ヨシュアとカレブ以外は モーセに対して ウソの報告をしたことと同じになります。
   残りの10人は 韓国代表である 韓国幹 部であります。
   私としては アメリカ第1主義は 必要だからやっていることです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

広告

トランプ氏は、アメリカ第一を掲げています。 どの様に理解すればよろしいでしょうか。” への3件のフィードバック

  1. サンクチュアリ人が誤解しがちですが、トランプは完全な善人、神の人ではなく、他の大統領候補よりマシだから神が用いているだけです。問題点や課題、欠点も多くあります。

    祝福家庭だって同じです。他の大勢の人より先祖の功労がちょっと高く、良心基準が少し高いから神に選ばれただけでしょう。完全な善人、神の子ではないことは自分自身を省みたらわかることではないでしょうか。

    いいね

  2. 一ひとりの人間としてはPicardさんのおっしゃるとおりと思います。
    10月に入って終盤の演説を欠かさず見るようにしていましたが、
    この選挙戦を通して変わった(成長した)と本人が言っていました。
    そして、もともと自分は「インサイド」の人間だったがそこから「アウトサイド」に出てきた。それでこれほど攻撃されるようになった、と言っていました。
    例えが幼稚ですみませんが、デビルマン的なのかなと感じます。
    集会の様子を見ていて、お父様が助けておられると感じざるを得ませんでした。

    いいね

  3. アメリカファーストは、サタンの巣窟をしめだすための、国民が世界のために立てるよう勇気を取り戻すための一過性のものじゃないかと思います。
    実際兵士たちとその家族は、そう思って今までも戦ってきています。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中