パウロ神学の要となる論調を著した聖句 第一テサロニケ人 4:13-18

パウロ神学の要となる論調を著した聖句

今も、天を仰いでいる人もいます。

第一テサロニケ人 4:13-18

死者と主の再臨

 

翻訳比較

 

岩波翻訳委員会訳1995

520413兄弟たちよ、私は、眠っている人たちについてあなたがたが無知でいてほしくない。それはあなたがたが、希望をもたない他の人たちのように悲しむことがないためである。520414もしも私たちが、イエスは死んで甦られたと信じているのなら、そのようにまさに神はイエスをとおして、眠った者たちを彼と共に導き出して下さるであろうからである。520415というのも私たちは、次のことをあなたがたに、〔まさに〕主の言葉において告げるからである。すなわち、主の来臨まで生き残る私たちが、眠った者たちよりも先になることはない。

520416なぜならば、主自らが、指令〔の呼び声〕と、筆頭の御使いの声と、神のラッパ〔の響き〕と共に、天から降りて来られ、そしてキリストにある死者たちが最初に甦り、

520417次いで〔はじめて〕私たち生き残っている者たちが、死者たちと一緒に、雲の中へと運び挙げられて、空中で主と邂逅(かいこう)するであろうからである。そしてこのようにして、私たちはいつも主と共にいるであろう。

520418かくしてあなたがたは、これらの言葉によって、互いに慰め合いなさい。

新共同訳1987

4:13 兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。

4:14 イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。

4:15 主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日まで生き残るわたしたちが、眠りについた人たちより先になることは、決してありません。

4:16 すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、

4:17 それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。

4:18 ですから、今述べた言葉によって励まし合いなさい。

文語訳1917

“520413”,”兄弟よ、既に眠れる者のことに就きては、汝らの知らざるを好まず、希望なき他の人のごとく歎かざらん爲なり。”

“520414”,”我らの信ずる如く、イエスもし死にて甦へり給ひしならば、神はイエスによりて眠に就きたる者を、イエスと共に連れきたり給ふべきなり。”

“520415”,”われら主の言をもて汝らに言はん、我等のうち主の來りたまふ時に至るまで生きて存れる者は、既に眠れる者に決して先だたじ。”

“520416”,”それ主は、號令と御使の長の聲と神のラッパと共に、みづから天より降り給はん。その時キリストにある死人まづ甦へり、”

“520417”,”後に生きて存れる我らは、彼らと共に雲のうちに取り去られ、空中にて主を迎へ、斯くていつまでも主と偕に居るべし。”

“520418”,”されば此等の言をもて互に相慰めよ。”

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中