異端と戦え

下記の聖句の要約です。

騙す連中の口を封じてやらねばならない。嘘つき、悪しき獣、怠けた食い道楽の者を容赦なく〔言葉で〕屈服させてやりなさい。その知性も良心も汚れています。

聖書 テトスへの手紙 1:10-16

異端と戦え

 翻訳比較 

岩波翻訳委員会訳1995

560110事実、反抗的で、無駄口を叩き、しかも〔人を〕騙す連中が多くいるからで、とりわけ割礼出身の者どもがそうだ。

560111彼らの口を封じてやらねばならない。恥ずべき利益のために〔教えては〕ならないことを教えて、もろもろの家をことごとく覆している奴らなのだ。

560112彼らのうちの一人で、彼ら自身の預言者〔でもある者〕が言っている、

「クレタ人はいつも嘘つき、悪しき獣、怠けた食い道楽」。

560113この証言は真実だ。だから、彼らを容赦なく〔言葉で〕屈服させてやりなさい、彼らが信仰において健全になり、

560114ユダヤ人の作り話や、真理に背いている者どもの掟に心を奪われることがなくなるように。

560115清い人々にはすべてが清い。しかし穢れている者ども、不信仰者どもには清いものはなく、その理性も内奥の意識も穢れている。

560116彼らは神を知っていると公言しながら、行ないでは〔その実〕否定している。忌々しく、不従順で、あらゆる良き行ない〔を行なう〕には適性を欠く奴らなのだ。

新共同訳1987

1:10 実は、不従順な者、無益な話をする者、人を惑わす者が多いのです。特に割礼を受けている人たちの中に、そういう者がいます。

1:11 その者たちを沈黙させねばなりません。彼らは恥ずべき利益を得るために、教えてはならないことを教え、数々の家庭を覆しています。

1:12 彼らのうちの一人、預言者自身が次のように言いました。「クレタ人はいつもうそつき、/悪い獣、怠惰な大食漢だ。」

1:13 この言葉は当たっています。だから、彼らを厳しく戒めて、信仰を健全に保たせ、

1:14 ユダヤ人の作り話や、真理に背を向けている者の掟に心を奪われないようにさせなさい。

1:15 清い人には、すべてが清いのです。だが、汚れている者、信じない者には、何一つ清いものはなく、その知性も良心も汚れています。

1:16 こういう者たちは、神を知っていると公言しながら、行いではそれを否定しているのです。嫌悪すべき人間で、反抗的で、一切の善い業については失格者です。

文語訳1917

“560110”,”服從せず、虚しき事をかたり、人の心を惑す者おほし、殊に割禮ある者のうちに多し。”

“560111”,”彼らの口を箝がしむべし、彼らは恥づべき利を得んために、教ふまじき事を教へて全家を覆へすなり。”

“560112”,”クレテ人の中なる或る預言者いふ、『クレテ人は常に虚僞をいふ者、あしき獸、また懶惰の腹なり』、”

“560113”,”この證は眞なり。されば汝きびしく彼らを責めよ、”

“560114”,”彼らがユダヤ人の昔話と眞理を棄てたる人の誡命とに心を寄することなく、信仰を健全にせん爲なり。”

“560115”,”潔き人には凡ての物きよく、汚れたる人と不信者とには一つとして潔き物なし、彼らは既に心も良心も汚れたり。”

“560116”,”みづから神を知ると言ひあらはせど、其の行爲にては神を否む。彼らは憎むべきもの、服はぬ者、すべての善き業に就きて棄てられたる者なり。”

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中