タグ: 東大阪家庭教会

アメリカでの2017年9月23日(土曜) の式典は、「天地人真御父母様完成級祝福式」おめでとうございます。

「天地人真御父母様完成級祝福式」おめでとうございます。
アメリカでの2017年9月23日(土曜) の式典は、
アメリカ時間は、23日、朝の10時00分からのようです。
日本時間は、  23日、夜の11時00分ごろになります。
アメリカの正装は、黒のタキシードに黒の蝶ネクタイだそうです。
結婚式にも、黒ネクタイのようです。
文化が違いますが、式典の服装をよく参考にされてください。
男性は、黒、濃紺等の式服。
女性は、白色又はベージュ色の式服です。
動画サイトは、

https://www.youtube.com/channel/UC387MFcOLsu9woAa-lytRCQ
https://www.youtube.com/channel/UCNJuFaH9z_YeChP5LYsySZA/feed
から、最新動画を選んで視聴ください。

pj15u9
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

広告

『劉会長の原理本体論は天使長の政府構造を理想的だと述べている?』キングスリポート2017年7月21日より

『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』より引用いたしました。
劉会長の原理本体論は天使長の政府構造を理想的だと述べている?

7月21日のキングスリポートの最大のトピックは劉会長の原理本体論に関するコメントであろう。劉会長の原理本体論の講義はかなり物議を呼んでいるようだ。
そこをピックアップしこの問題点について論じてみる。

Tsugito Miyamoto18 時間前
「…夜の神様が、XY染色体を持つが故に男性であり、一人でありながら父母である…」という一文は、意味を解しかねます。遺伝学で言う「XY染色体」はオス(雄)を決定する遺伝子です。ですから、「夜の神様がXY染色体を持つが故…一人でありながら父母(雄・雌)である」というのは理論的に合わないのです。再考をお願いします。

Tsugito Miyamoto15 時間前
遺伝学上のXYとXXは、それぞれ男子(オス)と女子(メス)を決定する染色体ですから、引用された亨進様の説教は理にかなっています。「男の種(精子)は息子(男子)も作り、娘(女子)も作ります」ということです。したがって、この用語(XY、XX)は男子と女子を決定する要素を表す用語としては使用できますが、「父母」を説明する用語としては使用できません。亨進様は、その種(精子)が女子(母)からではなく、男子(父)から出てくるものであることを説明しておられるのであって、暗に神様は種を持つ「天のお父様」であって、「天の父母様」ではないことを言っておられるのだと思います。貴殿は、実体をもたれた神様「真のお父様」が「一人でも父母様」であると仰ったことを、そのまま「夜の神様」にも「同じく」あてはめようとされておられますが、両者を同次元で捉えると語弊が生じるのではないでしょうか。私見です。

FanClub HyungJin14 時間前 (編集済み)
この論文は神様は圧倒的男性だと論じておりますしほとんどをそのことについて費やしております。また四位基台編で、天の父母様と呼ぶことが間違いであることを論じさせて頂いております。私見については参考にさせて頂きます。
pj15u9
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

お父様の、10億の何兆倍のそのまた何兆倍もの苦難の道-7月16日英語説教日本語訳「適正な秩序の王国」(その1)

サンクチュアリーNEWSより引用

お父様の、10億の何兆倍のそのまた何兆倍もの苦難の道
-2017年7月16日英語説教日本語訳
「適正な秩序の王国」(その1)

Kingdom of Proper Order July 16 2017
Rev. Hyung Jin Moon
Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo.png

Kingdom of Proper Order 

適正な秩序の王国

「適正な秩序の王国」を始めましょう。
へブル人の手紙、第一章です。この章はすべてが素晴らしい。
まず半分ずつ一緒に読みましょう。全体を読みます。

多くの内容が語られています。信じられないくらいです。
一緒に読みましょう。ここでも「王国」が語られています。

へブル人の手紙、第1章です。

01:01神は、かつて預言者たちによって、多くのかたちで、また多くのしかたで先祖に語られたが、
01:02この終わりの時代には、御子によってわたしたちに語られました。神は、この御子を万物の相続者と定め、また、御子によって世界を創造されました。
01:03御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられますが、人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。
01:04御子は、天使たちより優れた者となられました。天使たちの名より優れた名を受け継がれたからです。
01:05いったい神は、かつて天使のだれに、
「あなたはわたしの子、
わたしは今日、あなたを産んだ」と言われ、更にまた、
「わたしは彼の父となり、
彼はわたしの子となる」と言われたでしょうか。
01:06更にまた、神はその長子をこの世界に送るとき、
「神の天使たちは皆、彼を礼拝せよ」と言われました。
01:07また、天使たちに関しては、
「神は、その天使たちを風とし、
御自分に仕える者たちを燃える炎とする」と言われ、
01:08一方、御子に向かっては、こう言われました。「神よ、あなたの玉座は永遠に続き、また、公正の笏が御国の笏である。

01:09あなたは義を愛し、不法を憎んだ。それゆえ、神よ、あなたの神は、喜びの油を、
あなたの仲間に注ぐよりも多く、あなたに注いだ。」
01:10また、こうも言われています。「主よ、あなたは初めに大地の基を据えた。もろもろの天は、あなたの手の業である。
01:11これらのものは、やがて滅びる。だが、あなたはいつまでも生きている。すべてのものは、衣のように古び廃れる。
01:12あなたが外套のように巻くと、
これらのものは、衣のように変わってしまう。しかし、あなたは変わることなく、
あなたの年は尽きることがない。」
01:13神は、かつて天使のだれに向かって、
「わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまで、
わたしの右に座っていなさい」と言われたことがあるでしょうか。
01:14天使たちは皆、奉仕する霊であって、救いを受け継ぐことになっている人々に仕えるために、遣わされたのではなかったですか。

何と力強い聖句でしょうか。天一国を予示しています。パウロはこう指摘しています。最後の日、王国では、天使は・・・続きはなんといっていますか?

天使は「救いを受け継ぐことになっている人々に仕えるために、遣わされた」といっているのです。天使はボスでも、王でもありません。天使は「支配者」などではありません。支配するのは、キリストから「救い」を相続した者です。もちろん天使はとても強力です。しかし天使は仕える者であり、支配者の下で使えるのです。ここではあらゆる例をあげています。

いったい神は、かつて天使のだれに、
「あなたはわたしの子」と言ったでしょうか、そんなことは決して言っておられません。聖書は秩序に関しては明確です。最後の部分を見てみましょう。「息子」に関する聖句と、「王国」がここにでています。

「神よ、あなたの玉座は永遠に続き」、「公正」の笏といっています。「公正の笏」は「王国の笏」になるのです。2,3週間前の話を覚えているでしょうか。

「身代わりの償い」と「神様の義」について多くを語りました。誰かを怒らせた、心情的な負債を抱えるというのはそれ自体、神様の前では犯罪です。聖なる裁判官、聖なる神の前では犯罪だというのです。これを論議したとき、犯罪には罰が必要だといいました。神様はただ罪を許すことはできません。罪は犯罪でもあるからです。

もし神様がすべての罪を許されるなら、「正義」が行われません。例えばある裁判官の前に、大量殺人を犯した犯罪者が来て、「本当に申し訳ありません。私が全員殺して、食べました」と言ったとして、裁判官が「ああ、そうか。お前の気持ちは理解する。お前はもう自由だ。サンキュー、ジェフリー・ダマ―」などと言ったらどうですか。すべての人が「問題だ」というでしょう。

大きな問題です。なぜなら、とてつもない罪を犯していながら、とんでもない悪を行いながら、やすやすと赦すなら、国に正義が保たれないでしょう。まったく正義の存在しない、ギャングが支配する無法地帯と化すことでしょう。不幸にもこの国はそうなっています。

特に、オバマとヒラリーのもとで。要点は、神様は正義のお方であるがゆえに悪を赦すことができないのです。正義の神は「罪」に対して何らかの「償い」が必要になるのです。その人間に対して神様が悪感情をもった、などという話ではないのです。正真正銘の犯罪なのです!

罪の問題をよく理解し、因果応報の問題、身代わりの償いについてよく考えるなら、それらを深く理解すればするほど、なぜ、神様が・・・最後にお父様の訓読会のみ言葉も紹介しますが・・・お父様は強力なみ言葉をこの問題に関して語っておられます・・・劉師もずっと語っていましたが、神様が一旦、法を作られたなら自由にそれを破ることはできないということです。神様は正しい、正しいお方です。「そういう事情なら、その法は無視して・・」などとはいかないのです。神様もご自分が立てた法を守っておられます。だから途中で介入して人間の犯罪を止めることができないのです。このように神様は御自身がつくられた法を守っておられます。

神様は正義のお方です。それゆえに罪に罰を与えなければなりません。罪は罰せられ、犯罪は処罰されなければならないというのです。王国に何らかの正義が必要ならそうしなければなりません。

ここで話を数百年前にさかのぼりましょう。キリスト教の教父たち、キリスト教の思想家の話です。というのも現代のキリスト教世界にも当時の二つの考え方が引き継がれ残されているからです。「贖罪」についての理論と考察です。この「贖罪」について理解を深めるにつれて、イエス様とその苦難の路程をより深く理解できるようになります。また再臨主、再臨のイエスであるお父様についても、理解が深まるのです。異なる視点が与えられる。

お父様は蕩減路程を歩まれました。メシアがなぜそこまでの苦難の道を行かなければならないのかということの理解にもつながります。お父様を本当に愛するのならこれは重要な問題です。神様は何故、キリストをそこまで追いやらなければならなかったのか、ということ。これは「贖罪」について理解を深めるとき、よりよく理解できることなのです。

「償い」は「身代金」と見る説が原始教会では支配的でした。このパウロの手紙から原始教会の教父たちがアイデアをたくさん得ました。キリストの死が「贖い」にたいする「身代金」に当たると考えたのです。讃美歌でもあるでしょう。『キリストは私の「贖い」として「死んで」くださった・・・』こういう曲があるでしょう。

その思想は、最初の頃の教会から出ているのです。イエス様がなされたことは、初代教会の人々そして人類を贖うための犠牲だったと。

もちろんキリストが全人類のために支払った犠牲の価値を思うのは重要なことです。

わたしたちのキリストとの心情的つながりを強めてくれます。子供との関係を考えてみて下さい。子供たちがあなたに感謝して、それを言葉にするとき、気持ちが良くないですか。本当に恵みを感じることでしょう。親としての行い、その助けに感謝して、記憶に留めていてくれる時、「何と神様は素晴らしいお方だ!」ということでしょう。

もちろんその逆もあるでしょう。反抗的になるときは地獄のようでしょう。しかし、あなたが、子供たちが恵みを受けるために払った犠牲について子供たちが思い起こし、感謝し、認めてくれる時、あなたも感謝するでしょう。実際、多くの子供たちは、親の払った犠牲を感謝することもなく甘やかされ駄目になっているのです。

神様との関係においても同じです。なぜ神様がそこまで苦難を受けられたのか、それについて私たちが理解しようと深く深く、神様の深い内容に思いを致すとき、わたしたちはその時、路程に感謝して、認識しているのです。もちろんそれは不十分な、不足なもので決して完璧とは言えませんが。お父様がわたしたちのために歩まれた生涯路程を完全には理解できないのです。文字通り、すべての瞬間を私たちのために苦難の道を歩いて下さいました。10億の何兆倍のそのまた何兆倍もの苦難です。私たちはその全体を理解することなどできません。しかしその苦難の理由、背後の心情、심정、それを介して少し理解できるのです。
翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr

『文総裁を捨てたんだね。新婦選びに失敗したんだね。』ウルサンアリラン、真のお父様の悲痛の御言葉

三代王権・こころのサンクチュアリー教会より引用

『文総裁を捨てたんだね。新婦選びに失敗したんだね。』ウルサンアリラン、真のお父様の悲痛の御言葉

♪~ あるところに、情を置いて 私を捨てたのか~、私を私を捨てたのか~
アボジ:どこに情を置いて… 文総裁を捨てた、私を捨てちゃったのか新婦、神様の女性、新婦選びに失敗したという事です。この野郎ども、浮気して…

翻訳コメント:イ インス facebookより転載
<省略部分も補って完成版を再掲載予定> 

アボジ:…ある人達が、あの文総裁がおかしくなった なんだあれと。私も知りません。
心配のある人(おかしいと思ってる人?)人は歌を聞かないで、出てって。早く歌って

 ♪~ 雲霧 を胸に抱いて 愛を探す舞龍山(ムリョンサン)よ
アボジ:意味をよく 聞いてみて、文水山(ムンスサン)です。

 ♪~ 山苺、山ぶどう、キウィを取っていたその手
 ♪~ 桜らんぼのような私の唇にその名を刻んでおいて
アボジ:桜んぼのような神様のみ旨をすてたの。

 ♪~ 二人で歩いた 太和江あたりの竹森はそのままですが
アボジ:これを聞いたら、ひとしきりもがいて泣いて泣いても、解怨されません。
天のお父様の心情を…

 ♪~ あるところに、情を置いて 私を捨てたのか~、私を私を捨てたのか~
アボジ:どこに情を置いて… 文総裁を捨てた、私を捨てちゃったのか新婦、神様の女性、新婦選びに失敗したという事です。この野郎ども、浮気して…

 ♪~ 帰ってくるという その約束に 私の青春がしおれる ア~
アボジ:私の青春は90にもなった。 文総裁は老いてしまいました…

 ♪~ カササギが鳴いてくれたら 君が来ますか
アボジ:カササギ良い知らせを伝えるカササギ

 ♪~ ア~~ ウルサン アリラン
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/g672y7ibj7hr